MENU

カードローンの限度額を左右するのはあなたの年収

カードローンの限度額はカードローン会社のサイトなどで宣伝されていますが「○○○万円まで融資」などと書かれています。

 

しかし初めてカードローンを申し込んだ方が、最初からこの限度額ぎりぎりまで借りられる人はそれほどいないでしょう。実際に申し込んでみると、これよりずっと低い額が提示されることも多くあります。では、限度額はどの様にしてきまるのでしょうか?それにはあなたの年収が大きな影響を持っています。

 

年収は信用度の一つの目安

 

カードローンは担保を取るわけではありませんから、あくまで信頼と信用が融資の土台となります。そして申し込みをした時点で信用や信頼の基礎となる要素は「年収」です。

 

年収が高いと言うことはそれだけ返済能力も高いといえるでしょう。そして収入が安定しているならば、返済も安定してくると判断されるわけです。そして逆もまたしかりです。

 

年収が低いこと、安定していないことは、返済能力の低さや不安定さへとつながるわけです。そして不安要素が大きいほどカードローンの限度額はどうしても低く抑えられてしまうのです。

 

法的な観点からも年収は大切

 

消費者金融系のカードローンは総量規制という法律によって、「年収の3分の一まで」しか貸し出せないと法律によって決められています。

 

ですから年収が多い人は限度額を高く設定することが可能ですが、年収の低い人は法律上の観点からして限度額を低く設定せざるを得ないのです。

 

これは複数のカードローン会社と契約をしていても適用される法律ですので、総融資額は年収の3分の一までしか借りられません。

 

限度額は見直されることもあります

 

もちろんカードローンを契約している途中で年収が上がったならば、貸付限度額を引き上げることも可能です。

 

当然のことながら、限度額は年収だけでなく返済状況なども勘案した上で引き上げられるものです。年収が大きな要素であるとはいえ、返済が滞る人に限度額の引き上げは難しいといえるでしょう。

 

限度額の引き上げはこちらからカードローン会社に持ちかけるのがよいでしょう。多くの場合カードローン会社から融資限度額の引き上げを持ちかけられることは少ないようです。