MENU

カードローンの利用限度額のアップは信用次第

カードローンを扱っている各業者のホームページを見ると、融資額や貸出額、極度額などという言葉でもってカードローンの上限額が500万円や800万円などと記載されています。

 

ただし、勘違いしている人もいますが、すべてのカードローンの利用者が記載されている金額を借入できるわけではありません。特に、消費者金融のカードローンには総量規制が適用されるため、利用者の年収の3分の1以内の金額しか借入のできないことが法律で定められています。従って、利用者の年収が300万円であれば、カードローンの利用限度額の上限は100万円になります。

 

どうしても、その金額以上の借入が必要な場合は総量規制の対象とならない銀行のカードローンを利用するしかありません。ただし、銀行のカードローンだからといって、年収の3分の1を超える貸出をしてもらえるという保証はありません。

 

利用限度額は変更されることがあります

 

カードローンに初めて申込んだ場合の利用限度額は一般的に、希望した金額より低い金額に設定されます。利用限度額というのは業者から与えられる信用でもあり、何の実績の無い利用者に対して高額な信用が与えられることはまずあり得ません。  

 

なお、利用限度額の設定基準となっている大きな要素は利用者の年収と安定した雇用です。業者にとって利用限度額を高くするということはそれだけ回収に対するリスクが大きくなるため、利用者における高額な年収と継続的な雇用環境というものが必要となります。

 

ただ、利用限度額は一定のままということはなく、利用者の信用が高まれば利用限度額をアップしてもらうことも可能になります。業者の信用を高めるということは、定期的な借入と確実な返済を継続することで業者の利益に貢献することです。業者にとって一番ありがたい利用者というのは、確実な数字の見込める人のことです。









当サイトおすすめ順カードローンランキング