MENU

カードローンの限度額が減額されてしまう使い方・理由

カードローンを使用していると限度額が上がる事はあるけれど下げられる事はないだろう。

 

と考えている人は多いと思いますが、使い方1つ間違ったりトラブルを引き起こしただけで限度額を減額されてしまう場合があります。どのような使い方等で限度額が減額されてしまうのか一度確認してみてください。

 

期日以内に支払い・返済出来ない事が続く

 

カードローンは使用する人とカードローン会社との『信頼関係』で成り立っています。カードローン会社が使用する人に対して「期日以内にきちんと支払い・返済をしてくれる契約者」といった信頼度で限度額の上限を決めたりします。

 

なので、高収入であったしても支払い・返済を期日以内にしていなければ信頼度が損なわれ、カードローンの限度額を減額されてしまう事があります。

 

大切な事は高収入である事等ではなく、期日のキチンと守れるかという人間性になります。支払い・返済をキチンとしていれば減額をされる事はないと思います。

 

複数のカードローン会社から借り入れをしている

 

カードローンによる借り入れは年収の3分の1とキチンと決められています。1社毎に年収の3分の1を借り入れする事が可能なのではなく、1社から借り入れをする場合も複数のカードローン会社から借り入れをする場合も全て含めて年収の3分の1となります。

 

つまり2社のカードローン会社から借り入れをした場合年収の3分の1の借り入れ限度を2社で分ける事になるのでこれが減額の理由となり限度額の減額されてしまう事もあります。

 

複数のカードローン会社から借り入れをしている場合はおまとめローンなどの他のサービスの支払い方法・月々の返済額をしっかりと見比べて自分に合った支払い方法を選択する事をオススメします。