MENU

カードローンの借り換えに関して注意する点とは

複数社に渡る借入れがある場合には、カードローンの借り換えを行うことにより、利息を下げることで返済額を減らすことができるというメリットがあります。

 

しかしカードローンの借り換えには、メリットばかりでなく、何かしらのデメリットがあることも踏まえて考える必要があります。返済の救世主と言われるカードローンの借り換えについて、どんなデメリットがあるのか紹介します。

 

審査に通過しない可能性もある

 

カードローンを借り換える際には、当然審査を受ける必要があります。しかし借り換えとなると、誰でも申し込めば審査に通過できる訳ではないのです。

 

審査基準は普通のカードローンと変わらず、安定した収入があるのか、経済的に返済能力はあるのかなどということに関してです。当然現在複数のカードローン会社から借入れがある状態で、返済能力がないのではと判断されれば、借り換えの審査には通過できないこともあるのです。

 

借り換えサービスを行っている会社側としては、必ず返済してもらうことが基本となっています。借り換えをする側からすれば金利の引き下げができて、利息を減らし、返済額を少なくするメリットはあっても、借り換え先の事情で審査に落ちる可能性もあるということを覚えておきましょう。

 

このようなデメリットを受けることを防ぐ為にも、まずはカードローンの借り換え先として検討している会社に直接相談をしてみたり、或いは簡易審査を行っているところであれば受けてみるのが良いでしょう。

 

借入れをしているという意識が薄くなる

 

カードローンの借り換えが無事できたとなると、利息が大幅に下がったことでつい安心してしまうものです。利息が減ったといっても、借入れ残高は変わっていないのです。

 

何だか得をした様な気分になってしまい、新規にカードローンを申し込んで、利息が減った分新たに借入れをしてしまうという人もいます。このような人はすぐに返済に苦しくなり、同じことを繰り返すことで最悪自己破産に陥る危険性もあるのです。

 

カードローンの借入れに成功したら、気合を入れて、とにかく完済することだけを考えるようにしましょう。