MENU

多重債務を解消する方法

現在でも借金の返済不能から自己破産をする人が少なくありません。

 

自己破産の原因のほとんどは「多重債務」です。多重債務というのはその名の通り、複数のカードローンから借入をしている状態のことです。

 

多重債務になると借金を減らすどころか、借金で倒れないためにさらに借金をして回していくしかないという自転車操業になり、元金が減らずに利息分だけが膨れ上がっていくため、抜本的な対策が必要になります。

 

おまとめローンの利用

 

近年では、どこの消費者金融でもおまとめローンを展開しています。おまとめローンを利用すれば、今まで煩雑であったカードローンを一つに絞ることができますし、金利も低くなるため利息額が減ります。

 

さらに、返済期間の延長ができれば月々の返済金額が大幅に減少するので、返済も楽になります。ただ、おまとめローンは返済専用のローンであるため新たな借入はできなくなりますが、多重債務を解消するためには最善のローンです。

 

債務整理の検討

 

おまとめローンを利用しても、借金の額の方が収入よりも多額になっているために返済が追い付かない場合は、債務整理をするしかありません。

 

債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つがありますが、任意整理は一昔前のような利息制限法を上回る違法な高金利で借り入れていた場合に有効です。

 

しかし、法定金利で借り入れている場合は全く無意味ですし、利息しか減らすことができないので、抜本的な借金の解消は難しいのが実態です。 

 

特定調停とは

 

特定調停は裁判所を利用した任意整理のようなものです。あくまでも債権者と債務者の話し合いでの決着を目指すので実効性は低くなります。また、債務の削減幅も小さいものでしかありません。

 

個人再生は最近できた法律による債務整理の方法です。個人再生の特徴は住宅を債務整理の対象から外せることであり、従って、住宅ローンの減額は一切行われません。なお、債務総額を5分の1から10分の1にまで大幅に減額できるため、返済の可能性はかなり高まります。

 

そして、収入が無くなったり、少なすぎたりして返済のめどが立たない場合は返済を放棄するために、自己破産をするしかありません。裁判所に申し立てて免責が認められると、すべての借金の返済義務が消滅します。