MENU

カードローンを借り換えると金利は減らせる?

カードローンを利用している人の中には、複数のローン会社から借入しているという人も多いと思います。

 

その場合利息を支払うだけで大変だという人も多いのではないでしょうか?しかし借り換えを利用することによって今利用してる金利よりも低くすることができる場合があるのです。それではカードローンの借り換えと金利について説明していきたいと思います。

 

利息制限法

 

まず「利息制限法」について説明したいと思います。利息制限法によって利息の上限が決められています。その上限を超える場合は無効になるという法律です。

 

10万円未満は年20%、10万円以上100万円未満が年18%、100万円以上が年15%と上限が決めれています。これは上限なのでこの金利よりも低く設定している金融機関ももちろんありますが、今はの上限の金利で借り入れについて見ていきましょう。

 

複数の金融機関から借入していたとして、A社から50万円、B社から100万円を借入ていたとします。先ほどの利息制限法をあてはめて見ると、A社は10万円以上100万円未満なので18%、B社は100万円以上になるので15%にあてはまります。計算してみるとA社は9万円、B社には15万円の利息を支払わなければいけなくなります。合計すると利息の返済額は24万円ですよね。

 

しかし借り換えしてこの150万円を1つの金融機関から借りたとすると、100万円以上になるので年15%の金利になるので22万5千円の金利になるというわけです。

 

これを見ればわかるように、小口の借入を複数行うよりも、まとめて大口の借入を1つ行えるほうが金利が低くなるのです。そのため複数の借入をしている人は1つにまとめると支払う利息も少なくなるというわけです。