MENU

借金を一本化するに時に注意するポイント

複数の借金に困っている人は、借金を一本化することにより支払う利息を少なくすることができたり、返済に関する管理がし易くなることより、返済にかかる時間も節約できたりと、メリットが沢山あります。

 

しかし借金を一本化することに関してはメリットだけとういう訳ではありません。金融機関を利用する以上は、メリットの他にデメリットも存在していることを認識しておく必要がありのです。

 

金利が安くなるとは限らない

 

借金を一本化する目的としては、まとめることにより金利が下がるので、支払う利息を抑えられるということがあります。しかしこれはあくまでも例であり、実際に一本化したら殆ど金利が安くならなかった、というケースもあるのです。

 

確かにおまとめローンは、消費者金融と比べると低金利であることで知られています。しかしそれはあくまで一番安くなるケースを言っているのであり、おまとめローンの種類や利用金額によりそこまで都合よく運ばないこともあるのです。

 

これは一本化を計画する前によく検討すれば分かることですので、きちんと考えれば深刻な問題になるということではありません。

 

今までより借金が減らせるかも知れない

 

借金を一本化する前に、現在の借入れ金額を見直してみましょう。もしかしたら法改正により借金を減らせる可能性もあるのです。

 

これは、2010年に利息制限法が施行されたことで、再計算することにより過払い金があれば払い戻し請求ができることになっているというものです。これにより、借金がゼロになる可能性も出てきました。

 

この制度改正を知らずに借金を一本化してしまうと折角の過払い金の返還ができる権利を手放してしまうことになり、非常に勿体ないデメリットとなります。最近では電話相談などもありますので、是非一度確認しておきましょう。

 

悪質な業者を見極めること

 

金融業者の中には、悪質なものも存在します。借金の一本化やおまとめローンを持ちかけてくる詐欺まがいの商法もありますので、絶対に注意が必要です。

 

大手の金融機関やテレビCMなどで知られているおまとめローンならば安心ですが、「便利」「簡単」「楽々」などの言葉でPRしている知らない金融業者はすぐに信用するのは危険と言えます。