MENU

審査に時間がかかることも覚悟が必要な、土曜日の在籍確認

在籍確認は、クレジットカードやカードローンに申し込んだ時は必ずしなければならないものです。

 

平日の場合は、あなたが外出中や休暇中であっても、オフィスには誰かしら人がいるものです。在籍確認の電話がかかってきても、電話を取った人があなたが電話に出られないことを伝えるだけで在籍確認が取れたことになります。

 

しかし土日祝日の様に、会社に誰もいなければ在籍確認の電話をかけても誰もあなたが会社に勤務していることを証明してくれる人がいません。その場合は在籍確認が取れないことになり、全ての審査を終了したとは言えません。

 

しかし最近の金融会社には、土日祝日でも申し込みOKというところが多くなっています。在籍確認をする場合にはどうしているのでしょうか。

 

土日・祝日は在籍確認が困難な期間

 

金融会社では、土日でも必要な時に借入れが出来る様に、在籍確認を土日を外して行うというところもあります。その代わりに利用限度額を低めに設定することになります。

 

例を挙げると、普通に借入れをすると利用限度額は30万円までなのですが、土日祝日に申し込むと利用限度額は10万円までとされることになります。

 

これは在籍確認をすぐに行うのが困難な期間のみで、後日在籍確認が取れた時点で利用限度額を設定し直すこともあるのです。

 

また金融会社にとっては、土日祝日など会社が休業の場合、定められた必要書類を提出することでOKというところもあります。在籍電話確認は休み明けまで待ってくれるというものです。

 

しかしやはり融資を行う以上、審査の際には在籍確認をしっかりと行うという金融会社が多いのが現状です。クレジットカードやカードローンを申し込む際にも、会社の営業日に合わせて行った方が賢いと言えます。

 

やむなく土日祝日に申し込みをする場合には、時間がかかるものと心得ておきましょう。