MENU

自宅への在籍確認をスムーズに行うために

カードローンの申し込みを行った場合、消費者金融側からカードローン希望者に電話がかかってくる場面いくつかがあります。

 

ほとんどの消費者金融は、勤め先への在籍確認の電話を行いますが、基本的にこの電話だけです。利用者が必要としない限り、これ以外に電話連絡が必要になる状況はほとんどありません。

 

しかし稀に、利用者の状況や書類の不備、消費者金融の方針によっては、自宅や自身の携帯に確認の電話がかかってくる場合があります。

 

これは、在籍確認というよりは、確かに本人が申し込んでいるか、という本人確認の意味合いが強く、契約に慎重な消費者金融などでは、こういった確認も必要となるので覚えておいたほうがよいでしょう。

 

自宅や携帯に在籍確認電話がかかってくる場合

 

そのような場合、店舗や無人機で契約を行うときは、あらかじめ留守番電話をセットして家をでましょう。

 

もし留守番電話がご自身の声を録音できるタイプの物でしたら、「ハイ(利用者の名前)です。ただいま留守に〜」という文言で、在籍確認が済む場合もあります。

 

固定電話を使っていない方は、携帯にかかってくることになります。電話の内容はごく簡単な本人確認だけですのですぐに済みます。問題なく審査を通過するために、早く確認を済ませ終わらせてしまいましょう。

 

契約後から帰宅までに時間がかかる場合には、消費者金融によっては電話の時間を指定できることがあります。事前に帰宅時間を知らせておけば、スムーズに事が運ぶのであらかじめ相談しておきましょう。また、必ずしも本人が自宅の電話に出なけらばならないことは稀です。

 

自宅に家族がいる場合には、住んでいる事を伝えてもらえば特に問題はないでしょう。この場合、前もって家族に在籍確認の電話があることを言っておけば、円滑に事が進むと思います。