MENU

自営業の在籍確認には時間がかかってしまうこともある

クレジットカードや消費者金融が、融資の申し込みを受けた際には必ず申込者の在籍確認を行います。

 

正社員のように勤務先が一般的な会社であればそこに在籍確認の電話をかけるだけですむので簡単なのですが、申込者が自営業者であると、在籍確認が難しくなる場合もあります。

 

在籍確認とは申込者が本当にそこで働いているのかといった身分を確認するものですが、申込者が自営業者であった場合は本当にちゃんと仕事をしているのか、申込書に記載した場所で営業をしているのは間違いないのかといった点を確認する側面もあります。

 

自営業者だと在籍確認が困難

 

建設業や飲食店のように、対外的にもそこで確かに営業していると確認しやすいような業種であるならさほど問題ではないのですが、内職、デザイナー、自由業、プログラマーといった在宅で働いている人や、普通のマンションの一室などで仕事をしている人たちは周囲からは何の仕事をしているのか分かりくく、本当に自営業なのかどうかと疑われてしまう場合も多くあります。

 

このような場合は当然在籍確認もかなり困難なものとなってしまい、審査に時間がかかったり、場合によっては在籍確認が取れなかったという理由で審査に落ちてしまうこともあります。

 

在籍確認電話をできる限りスムーズにするには?

 

しかし、営業所の名称や、営業許可証の写し、確定申告書の控え等を提出することによって、本当にちゃんと自営で働いていることが証明できれば、在籍確認の基準を緩めて在籍確認についてはOKを出してくれる消費者金融もあります。

 

しかしこのように在籍確認がきっちり取れない場合は、融資限度額がかなり低めになってしまうことも多いでしょう。

 

また、場合によっては取引先の会社名や連絡際も確認してくる場合もありますので、在籍確認はどのような方法で行うのかを消費者金融に確認し、取引先などに在籍確認の電話がかかってくるようでしたらまえもって取引先に連絡して事情を説明して消費者金融等から確認の電話がかかってくることを伝えておく必要があります。