MENU

学生の方向けのカードローンなどの在籍確認について知っておきたいこと

学生の方向けのクレジットローンやカードローンなども続々と用意されている昨今、学生の方であっても、万が一のためにカードローンに申し込むことは徐々に増えつつあります。

 

申し込みを済ませたあとはもちろん審査が待っているわけですが、学生の方であってもアルバイトやパートして勤務している職場への在籍確認が行われます。

 

アルバイトやパートで働いている職場に対して、消費者金融などの在籍確認があるというのは少し気まずいと思われる方も多いでしょう。

 

学生の身分で融資を受けているのは何か特別な事情があるのではないか、学生としての勉学を怠って遊んでいるのではないか、などなど詮索されるかもしれないと思うと、少々困惑してしまうものです。では実際の在籍確認はどのように行われるのでしょうか。

 

学生が申込みした場合でも在籍確認の電話はかかってくる?

 

在籍確認のための電話はもちろんかかってきますが、相手はこの仕事を長年行っているプロですので、申し込まれた方が気まずい思いをしたり、困った立場に陥ったりするような尋ね方はしません。通常は「○○と申しますが、○○さんをお願いできますか。」といったように、友人あるいは知人のような感じで電話をかけてくる形になります。

 

アルバイトやパートの方は毎日出勤しているとは限りませんので、もしも在籍確認の電話がかかってきたときにご本人が出勤していなかったとしても、まったく問題ありません。

 

その場合も電話に出られた職場の方は「○○は今日は出勤しておりません。」といったような答えをするかと思いますが、これで勤務先で実際に働いているという確認が取れたということになります。

 

在籍確認はこのような形で行われますので、職場の方に融資の申し込みをしていることがわかってしまうということはまずありません。

 

バイト先以外にも、たとえばご自宅あるいは実家に対して確認の電話がかけられることもあります。この場合も個人名を使って確認が行われますので、それほど神経質になる必要もないかと思われます。