MENU

銀行のカードローンで借り換えをおこなうメリットとは

最近では借り換えに対応しているカードローン会社が増えてきました。

 

もちろん銀行のカードローンも例外ではありません。それでは銀行のカードローンの借り換えを選ぶメリットとはなんでしょうか。

 

銀行のカードローンに借り換えると金利を抑えることができます

 

一般的に借り換えをおこなうメリットの一つとして、金利を低くできるということがあります。利息制限法によって複数のカードローンを一つにまとめると金利が下がります。

 

その結果、金利の負担が軽くなり総支払い額も少なくなります。これは銀行のカードローンでも同様で、借り換えをおこなうことによって金利を低く抑えることができるわけです。

 

銀行のカードローンだと年収の3分の1までという制限がありません

 

銀行のカードローンに借り換えるメリットとしてはもう一つ、他のカードローン会社にはない利点があります。銀行のカードローンは総量規制の対象外なのです。

 

これはどういった法律かというと、総量規制の対象となっている場合、借り入れは年収の3分の1以下と決められていてそれ以上の利用ができないのです。

 

消費者金融は総量規制の対象となっていますので、おまとめローンなどに借り換えたくても年収の3分の1までしか利用することができません。

 

しかし、総量規制の対象外である銀行のカードローンには年収の3分の1までといった制限はありません。審査さえ通過すれば借り入れの総額を考慮する必要はなくなります。これは銀行のカード−ローンならでは大きなメリットです。

 

銀行のカードローンには実績と信頼からくる安心感があります

 

カードローンの借り換えを考えた時、「大きく利息が減らせます!」といった売り文句の入った広告が目に入ってくることも多いと思います。すべてとは言いませんがこのような言葉を売りにしているところには悪徳な業者も少なくありません。

 

悪徳業者に引っかかってしまうと、利息が減らせるどころかトラブルに発展してしまうことさえ考えられます。その点、銀行のカードローンには安心感があり、これも銀行のカードローンを選ぶ大きなポイントの一つではないでしょうか。